【AO入試で合格】通信制高校卒でも大学進学で不利にはならない

2012年に通信制高校を卒業して大学に進学した私ですが、「通信制高校卒は大学進学で不利になることはない」という話を、理由を交えながらしてまいります。

通信制高校卒でも大学進学で不利になることはない

私は通信制高校から医療系短大(3年制)に進学しました。AO入試だったのでガチガチの大学受験はしていませんが、書類が物を言うであろうAO入試で受かったので、「通信制高校卒業見込み」は全く不利にはなりませんでした。

AO入試の内容は、書類選考と面接でした。面接を受ける前は、書類を見られた時点で不合格になるのではないかと思っていたのですよね。私だけでなく、両親も。面接では、学校のことは特に聞かれませんでした。最初に突っ込まれるかなと思っていたので、拍子抜けしましたね。

よその大学や専門学校のことはわかりませんが、2011年のAO入試でも特に問題はなかったので、今の時代ではもっと問題はないのではないでしょうか。通信制高校は当時よりも増えているし、その分卒業生も増えているし、「多様性」を受け入れる社会になってきているので、「通信制高校だから〇〇」と考える人は少なくなってきているはずです。まともな先生なら、学生のことを考えて価値観のアップデートをしていると思います。

通信制高校だから叩き出せる「評定平均5.0」

私がAO入試を受けたときに提出した書類には、「評定平均5.0」と書かれていました。満点ということです。「通信制高校の5.0なんて…」と思うかもしれませんが、通信制高校だからこそ、5.0は驚異的な数字なのではないでしょうか。だって、通信制高校はほとんどの勉強を自力でやらなくてはいけない学校ですからね。授業日数・時間が少ないのに、単位認定試験ではきちんと点数をとらないと卒業できないので、そう甘くはありません。いくら内容がやさしいとは言え。

だから通信制高校の評定平均5.0は「しっかりできる子なんだな、大丈夫な子なんだな」と思わせてくれるはずです。評定平均はAO入試や推薦入試では大変重要な数字ですので、通信制高校に入って大学進学を目指したい人は、学校の勉強も疎かにしないようにしてくださいね。

大学共通テストや一般入試は「努力次第」

大学共通テスト(私の時代では“センター試験”)や一般入試は、完全に本人の努力次第です。これは通信制高校だろうが全日制高校だろうが定時制高校だろうが変わりません。

通信制高校は登校日数や1日の授業時間が少ないため、自由に使える時間がたくさんあります。自分でコツコツと勉強できる人なら、全日制高校に通うよりも受験勉強に専念できると言えます。朝から晩までみっちり受験勉強をしたい人には、通信制高校はもってこいなのです。

通信制高校から難関大学への進学も可能

私の周辺では、通信制高校から国立大学医学部や早稲田大学に進学した人がいます。

通信制高校から医学部に進学した知人通信制高校から医学部に進学した知人

2人ともコツコツと勉強できるタイプの人で、登校しないときはいつも参考書や問題集を開いたり、オンライン予備校を利用したりしていたそうです。通信制高校に通っているからといって、難関大学への進学を諦める必要はないことが私の友人により証明されました。

ちなみに私はというと、精神疾患で一切頭がはたらかず、受験勉強は諦めました。高校3年生の6月頃までは塾に通い、国公立大学の受験を考えていたのですけどね。体調が安定せず、参考書を1ページ開くのがやっとで、結構潔く放棄しました。私のようなケースもあるにはあります。これは通信制高校の問題ではなく、自分自身の問題ですね。

大学受験に強い通信制高校も多数

通信制高校の中には、大学受験に力を入れている学校・コースもあります。確実に大学進学したい人は、そのような学校に行けば安心ですね。

どのように学校を探すかですが、ズバット通信制高校比較の利用をおすすめします。web上で5つの質問に答えるだけで自分にぴったりの学校を提案してくれるサービスで、3つ目の質問で「卒業後、大学に進学したい」という選択肢を選べば、自分の希望する通い方や校風に合いつつも、大学受験に強い通信制高校をピックアップしてくれます。気になる学校には一括で資料請求もできるので、具体的な学校をまだ探していないという人はぜひ試してみてください。(すべて無料で利用できます。)

まとめ

通信制高校に通っていても、大学進学で不利になることはありません。大学共通テストや一般入試はどのタイプの高校に通っていようが本人の努力次第です。AO入試や推薦入試では、通信制高校の勉強内容のやさしさがむしろ有利になるかもしれません。満点に近い評定平均を取れば、負い目を感じることはありませんよ。

最近では大学受験に強い通信制高校もありますので、「通信制高校に入ったら大学進学なんてできないかも…」と不安に思う人は、そのような学校を選んでみてください。