「全日制高校」「定時制高校」「通信制高校」の特徴と違い

現在、日本には3種類の高校があります。

  • 全日制高校
  • 定時制高校
  • 通信制高校

この記事ではそれぞれにどのような特徴があるのかお伝えし、比較していきます。

ちなみに私は全日制高校から通信制高校に転入し、卒業しています。

全日制高校とは

まずは全日制高校から。概要は以下の通りです。

修業年限3年
登校日数週5日~
授業時間/日5時間~
進級方式・学年制
・学年制×単位制
・単位制
留年制度あり
※学年制、学年制×単位制のみ
卒業方法・授業
・試験
・特別活動
生徒の年齢ほとんど15~18歳

一般的に私たちが高校と呼んでいるのは「全日制高校」であるケースが多いです。

ご存知の通り、入学のために学力試験があるので中学生のうちに対策が必要になります。

平日は毎日通学し、1日5時間以上の授業を受けるので自由時間はあまりとれません。しかしその分、友達との思い出作りには最適と言えるでしょう。

進級方式はほとんどの学校で「学年制」か「学年制×単位制」を採用しており、成績不振や出席日数の不足などで留年します。

定時制高校とは

続いて、定時制高校についてです。

修業年限3年以上
登校日数週5日~
授業時間/日4時間~
進級方式・学年制
・学年制×単位制
・単位制
留年制度あり
※学年制、学年制×単位制のみ
卒業方法・授業
・試験
・特別活動
生徒の年齢15歳~

定時制高校は夜に通うイメージが強いかもしれませんが、学校によっては午前中・昼間・夜間の中から好きな時間帯を選んで登校できます。そのため、仕事をしながらでも通いやすいと言えます。

入学のための学力試験は一応はあります。しかし落とすための試験ではなく、「学力をチェックするための試験」であることが多いです。(入学希望者が殺到すれば当然、成績から選抜されますが…。)

卒業までの年数は多くの場合4年ですが、3年で卒業したい人は1日で受ける授業を増やせばそれが可能になります。

進級方式は全日制高校と同様で、成績不振や出席日数の不足などにより留年する可能性があります。

通信制高校とは

最後に、通信制高校です。

修業年限3年以上
登校日数年1回~
授業時間/日50分~
進級方式単位制
留年制度なし
卒業方法・面接指導(スクーリング)
・添削指導(レポート課題)
・単位認定試験
・特別活動
生徒の年齢15歳~

通信制高校は何と言っても、少ない登校日数・授業時間でも最短3年で高卒資格をもらえることが特徴です。

入学するために学力試験のあるところはあまりなく、あってもどのくらいの学力があるのかチェックする程度。不登校や病気がちで中学校に行けていない・勉強ができていないという人でも安心して入学することができます。

通信制高校は全日制や定時制とは違い、完全に「単位制」をとっています。留年の概念がなく、とりあえず3年在籍すれば、必要な単位が取れ次第卒業できます。

単位は基本的に「自主学習+レポート課題の提出+単位認定試験」で取っていきます。この点も、学年制・学年制×単位制の全日制・定時制高校と異なります。

▼実体験から語る「通信制高校に通うメリット・デメリット」

通信制高校 卒業 不登校通信制高校に通うメリット・デメリット by 中高一貫校からの転入者

全日制高校・定時制高校・通信制高校の比較

全日制高校・定時制高校・通信制高校の違いを表にまとめてみます。

項目全日制定時制通信制
修業年限3年3年以上3年以上
登校日数週5日~週5日~年1回~
授業時間/日5時間~4時間~50分~
進級方式・学年制
・学年制×単位制
・単位制
・学年制
・学年制×単位制
・単位制
単位制
留年制度あり
※単位制を除く
あり
※単位制を除く
なし
卒業方法・授業
・試験
・特別活動
・授業
・試験
・特別活動
・面接指導(スクーリング)
・添削指導(レポート課題)
・単位認定試験
・特別活動
生徒の年齢15~18歳15歳~15歳~

表を見てわかる通り、通信制高校が最も特徴的です。何もかもが他の高校とは違います。

全日制高校と定時制高校では、「修業年限」「授業時間(時間帯を含む)」「生徒の年齢」に違いが見られます。

まとめ

「全日制高校」「定時制高校」「通信制高校」の中で最も特徴的なのは「通信制高校」です。授業日数・授業時間、卒業の仕方など、何から何まで他の高校とは違います。

全日制高校と定時制高校は進級方式や卒業方法などの仕組みは同じですが、「1日の授業時間」「授業の時間帯」「生徒の年齢」に違いがあります。

どのような高校が自分に合うのか、それぞれの特徴を踏まえて検討してみてください。

ちなみに私は精神疾患で昼夜逆転しているような人間でしたが、週1日・1日1時間程度しか登校しなくてもいい通信制高校に入ってよかったと思っています。人間らしい“普通”の生活ができなくても、無理なく高校を卒業できたからです。